「話が長く、つまらない人」と言われないために

あがってしまって、話したいことをうまく伝えられなかった経験はないでしょうか。

その原因は、話し方の順番を意識しなかったことにあるのかもしれません。

順番やロジック(組み立て方)を全く考えず話した場合、面白い話も台無しになってしまいます。

ビジネスでプレゼンテーションや営業を行う場合も、話し方一つで相手の反応は違ったものになります。

支離滅裂な話し方をしてしまい、上司や顧客からの評価が下がることは避けたいものです。

 

ビジネスで成功するため、またあがり症を緩和するための話し方には、順番やコツがあります。

何ごとも基本を身につけていなければ応用がきかないように、話し方もまずは型を覚えることが大切です。

型を覚えることで、あがり症の改善・克服につながることが期待できます。

ここでは話し方の順番や組み立て方について学んでいきましょう。

 

失敗しない話し方の基本は、◯◯です。

失敗しない話し方の基本は、「まず、要点・結論を述べる」ことです。

要点や結論を最初に述べることで、話の軸が定まり、相手もイメージができるようになります。

「前置きばかりで何を言いたいのか分からない」と思われてしまっては、相手も飽きて、商談も成立しません。

要点や結論を先に伝えることで、相手が話題に興味を持っているかどうかも分かります。

 

最初に伝える結論は、なるべく一言でまとめる方がいいでしょう。

何を言いたいのか、何を伝えたいのか端的に表現することが大事です。

このテクニックを使うことであがり症が改善されることもあります。

最初に要点・結論を述べるよう心がけましょう。

 

「起承転結」は、話し方で使える万能のテクニックか?

あなたは学校で、「『起承転結』を使って話しなさい」と教わったかもしれません。

しかし、起承転結を意識しすぎるとビジネスでは評価が下がってしまうこともあります。

なぜなら、ビジネスでは、端的に分かりやすく話すことが求められるからです。

起承転結は同僚との雑談などでは使うことができますが、ビジネスの場ではあまりお勧めできません。

 

ビジネスで使える三段階法

ビジネスでは、三段階法を使うのがお勧めです。

三段階法とは、序論(テーマの概略)→本論→結論に添って話す方法です。

序論では、テーマの概略を話して、『これから何を話すか』を相手に理解してもらいます。

新開発した商品について話すなら、「これから新製品の**について話します。」

概念的なことについて話すなら、「今日は準備の大切さについて話します。」

などといった具合です。

 

本論では、具体的なデータや事実などを示して、序論の肉付けをします。

いきなりデータや事実などを伝えると、聞く相手は話の着地点がどこなのか分からず不安になってしまいます。

聞き手の不安が話し手に伝わると、ぎこちない雰囲気となって、あがり症の人は余計に緊張してしまいます。

ビジネスの場では、三段階法を意識するようにしましょう。

 

【中級】話す目的によって話の組み立て方を変える

『桃太郎』の昔話をするとき、あなたは、いきなり「桃太郎が鬼を退治した話をします。」と言いませんよね?

同じように、先ほどは「まず、要点・結論を述べる」「三段階法を使う」ことが大事だと述べましたが、話す場面によって工夫をすることが大切です。

話す目的に結果が伴う場合、結論から話した方が効果的とされています。

例えば、「先日の議案で上がった◯◯については、☓☓となりました。」と最初に伝え、その後、今後の対応を説明するといった具合です。

 

しかし、説得やプレゼンをする際に、いきなり結論から話すとどうなるでしょう。

「今日は△△を買ってもらうために来ました。」と唐突に聞かされた相手は、身構え、気分を害してしまうかもしれません。

そのため、説得やプレゼンテーションをする場合は、三段階法を用いてテーマから話すようにしましょう。

また、最初に「つかみの言葉」を入れると、相手との距離感が近くなる場合があります。

「慣れないものでお聞き苦しい点もあるかと思いますが、よろしくお願いします。」といった簡単なものでも、緊張を和らげる場合がありますので、積極的に使ってみてください。

 

結論

話をする際は、原則として、要点・結論を相手に伝えるようにしましょう。

説得やプレゼンテーションの場では、結論でなく、先にテーマを伝えるようにしましょう。

相手に伝えることで、自分の脳にも「今日は◯◯が結論(テーマ)だ」と理解させることができます。

結果、頭が整理され、プレゼンの場でもあがらず落ち着いて話せるようになるでしょう。

 

以上、あがらずに話せる話し方の順番やコツについてお話しました。

 

あがり症克服・改善講座ランキングはこちら